消費者金融など貸金業者からの融資には、貸金業法で定められた「総量規制」という規制が掛ります。

総量規制とは「個人の借入総額は、年収の3分の1までとする」という仕組みの事です。

総量規制の対象となるのはアイフル・アコム・プロミス・ノーローン等の消費者金融です。

例えば、年収300万円の人なら、借り入れが出来る総額は100万円となります。

ただし、総量規制の対象となるのは、あくまでも「個人が消費者金融からお金を借りる」場合ですので
原則的に、法人名義での契約や、個人事業主が事業ローンとして融資を受ける場合には
総量規制の対象外となります。

また、銀行は総量規制の対象外となりますので、銀行が扱う各種ローン・キャッシングやカードローン
及び銀行が運営している企業からの融資は、総量規制が適用されません。

総量規制の対象外となる主なカードローンは以下のようになります。

・オリックス銀行カードローン
・新生銀行カードローン
・住信銀行カードローン レイク
・みずほ銀行カードーローン
・三井住友銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローン
・りそな銀行カードローン
・楽天銀行カードローン

以上銀行系カードローンは、総量規制の対象外となります。

総量規制から除外される融資

*不動産ローン、自動車ローン
*高額療養費の貸付
*有価証券・不動産担保貸付
*金融商品取引業者行う500万円超の貸付
*個人向け保障
*法人向け貸付・法人向け保証

上記のローン、貸付や保証は総量規制から除外されます。

また総量規制は、以下のような例外が認められています。

*顧客にとって一方的に有利となる借り換え
*緊急の医療費の貸付
*配偶者と合わせた年収の3分の1以下の貸付
*個人事業者に対する貸付
*「つなぎ資金」にかかる貸付

顧客にとって一方的に有利となる借り換えとは、おまとめローン等の借り換えで、金利や月々の支払額の減額など
顧客に有利な借入の場合を言い、おまとめローンを利用する場合は、銀行だけでなく消費者金融を利用した借り換えでも
総量規制の対象とはなりません。

配偶者と合わせた年収の3分の1以下の貸付とは、配偶者貸付と呼ばれる融資のことです。
この方法を利用すると、婚姻関係にある夫婦の年収合計額の3分の1まで借入れることができるため
借入限度額を大きくすることができます。

つなぎ資金とは、住宅の建て替えや、注文住宅の建築等の場合、着工金や中間金がかかります。
住宅ローンは完成した建物を抵当にしたローンですので、物件の完成前にかかる費用に対する資金では
「つなぎ融資」を利用することになります。

年収の3分の1まで本当に借りられるのか?

総量規制の観点からみると、消費者金融から年収の3分の1まではお金を借りられるようにも見えますが
実際の借入れではどうなのでしょう。

消費者金融の融資には、借入限度額が設定されていますので、例えば年収600万円の人が3分の1の200万円を
消費者金融から借りようとしても、満額の融資は難しくなります。

消費者金融のHPを見ると、プロミスやアコムなど大手消費者金融では
借入限度額が500万円と設定されているところが多いようですが
これは個人が借りられる最高限度額の事で、誰もがすぐに500万円を借りられるわけではありません。

返済実績のない、はじめての借入れなら、限度額は30~50万円程となるところが多くなり
借入れ限度額を増やすためには、返済実績を作っていくほかありません。

公務員の人や、年収の高い人であれば消費者金融からの借入れでも、200~300万円の限度額にしてもらえることもありますが
それだけ信用度が高いのであれば、金利が低く、総量規制の対象外となる銀行の各種ローンやカードローンを利用した方が
良いでしょう。

また、消費者金融から融資を受ける場合でも、1社50万円超・複数社の借入れ合計が100万円超となる場合は
源泉徴収票・直近1~数が月分の給料明細・確定申告書・納税証明書等の収入証明の提出が必須となります。