48

初めてキャッシングを利用する場合、自分が希望する借り入れ上限金額よりも低い金額に設定されてしまう。そんなケースがしばしばあります。
一方ですでに何回かキャッシングの実績がある利用者で、最初の上限金額では不足し、さらなる上乗せを希望されるケースもあります。
いづれの場合もキャッシングの限度上限を増やしたいと考えている点では共通しています。
こんなとき、モビットではどう対応をするのか。また上限金額の上乗せの申し込みにはどんな注意点があるのでしょうか。
モビットでキャッシングの上限金額を増やすには、まず電話でその旨を申し入れるところから始まります(電話番号0120-24-7217 受付時間:平日午前9時から午後9時まで)。
また電話ではなく、WEBから申し込みをすることも可能ですが、その場合でも当日または翌日にモビットのほうから電話などで連絡が入ります。
このときに気をつけたいのは、過去に返済が遅れた経験の有無です。
返済の遅延実績がある場合には、その利用者の信用度が低いとみなされ、キャッシング会社としては上限金額を上げることに難色を示します。
返済が遅れが予測されるような利用者には、多額の融資ができないのは当然のことです。したがって、キャッシングの上限金額を増やすようなことが考えられるのであれば、、それまでに遅れのない返済を行うことが非常に重要になってきます。
まだ前回の審査からある程度の月数が過ぎていることも重要な要素です。
新たにキャッシングを利用するときはもちろんのこと、上限金額の上乗せを希望する時にも必ず審査が行なわれます。
しかし、審査の結果、定められた上限金額に満足がいかないからといって、あまり間を置かず、再び審査を受けようと思っても、なかなか審査には通りません。

0219e61b86f6adc2d31573acf820e9f0_s-500x332

短期間に、大きく事情が変化したのならともかく、あまり頻繁に審査を受けても通常は前回と同じ結果となり、上限金額を増やす可能性はあまり望めません。
次の審査までに、最低でも1年程度は間をとったほうが無難であるとされています。
その期間、返済の遅延などの問題を起こすことなく、実績をつみあげ、キャッシング会社の信頼を獲得する。これが実績として評価されれば、次の審査に通る可能性はぐっと高くなります。
逆にいえば、たとえそれまでの返済に問題がなくても、それが長期に渡ったものでないと上乗せは難しいとも言えます。
利用者が比較的長期間キャッシングを利用し、遅滞なく返済を続けていると、会社側からは上限金額を上乗せが提案をされる場合があります。
とりわけ具体的な金額を設定してきたような場合は、その利用者はモビットにとって優良な顧客と見なされている証しでしょう。そういった場合は上限金額を申し出のあった金額までまず間違いなく増額できると見て差し支えないでしょう。
いづれにしても重要なことは。利用者の過去の実績(利用金額とその期間の長短。過去、返済に遅延などの問題がなかったかどうか)が大きく左右します。
この点からも借り入れに際しては、キチンキチンと返済を行う計画性が重要といえるでしょう。