あ

皆さんは、“追加の借り入れを行なった”、“借りられる最大金額を増やす”ということを聞いたことがあるでしょうか?
これらの事柄はカードローンを長く利用している方ならご存知のことかもしれません。
いずれもカードローンで借りるお金を多くしたい方が利用するものとなっていますが、これら2つの違いをよく理解しておかないことには、カードローンを便利に使うことが出来ないかもしれません。
今回は、これら2つのことについて、御紹介していくことにします。

追加の借り入れ

あ
まず、“追加の借り入れを行なう”ということから見ていくと、これはある会社とカードローンの契約を結んだ際には、必ず、その利用者が借りられる最大金額というものが設定されることになります。

この金額以内であれば利用者は、1回借りたあと再びお金を借りることが出来るのです。
分かりやすくする為、例を挙げると、利用者が借りられる最大金額が100万円とされていたとすると、1回目に利用者が30万円借りると残りの借りられる金額は70万円となります。
つまり、この段階では2回目以降70万円までであれば借りられることになります。
さらに、1回目に借りた30万円を返すことによって、次回以降再び最初の100万円まで借りられることになるのです。
上記のようなシステムは、どこのカードローン会社においても、同じと考えていただいて結構でしょう。
今回御紹介しているモビットでもこのシステムとなっています。
よって、モビットでお金を借りるには、インターネット上のサイト、携帯サイトからお申し込みをするか、提携先のATMを利用することになりますが、借りられる最大金額を超えない限り何回でも借りることが出来ます。

借りられる最大金額を増やす

あ

ここまでは最初に決められた金額内での借り入れでしたが、ここからは最初に決められた借りられる最大金額では不足してしまった時に行なう“借りられる最大金額を増やす”ことについて見ていきます。
借りられる最大金額を増やす為には、先ほどとは違い、それを行なう為のお申し込み、審査を受けなければなりません。
このお申し込みに関することはカードローン会社でそれぞれ扱われ方が違っていまして、利用者自身が希望して申し込む場合や、カードローン会社から金額を増やすことを持ちかけられる場合もあるのです。
言うまでもなく、審査を受けることになりますから、審査の結果次第では増やすことが叶わなかったり、叶ったとしても希望する額の半分以下だったりすることもあるでしょう。
むしろ、自分の思い通りとはいかないことの方が多いと言えるのかもしれません。
ちなみに、モビットでは、この金額を増やすために利用者自身がお申し込みをすることが不可能となっていまして、増やすことが出来る場合に限って会社からその話を持ちかけられることになります。

実際には、メールや会員ページのメッセージBOXに送られてくることになっています。
したがって、これらの連絡が来ないことには増やすことが出来ないことになり、連絡が来た方はメッセージBOXでどれだけ増やせるか確認しましょう。メールでは金額までは確認することが出来ません。
ただ、いつまでも増やすことを考える時間があるわけではなく、きちんと期限が定められていますので、メッセージの見落とし等がないよう、日々メッセージBOXはチェックするようにした方が良いでしょう。

まとめ

最後にまとめとしまして、今回はカードローンを利用経験者でないと聞き慣れない“追加の借り入れを行なった”、“借りられる最大金額を増やす”とはどういうことか、モビットを例に挙げてお話してきました。
“追加での借り入れを行なった”というのは、最初に決められた借りられる最大金額以下で借り入れを行なうことであり、こちらも何回も借りたり返済したり出来るものです。
一方の“借りられる最大金額を増やす”というのは、最初に決められた最大金額では足りなくなってしまった時に、その最大金額を増やすことを意味しています。
これは、自分からお申し込み出来る会社も存在しますが、モビットでは会社側から持ちかけられるのを待つしかありません。

また、お申し込み後は審査が行なわれ、審査結果次第では、自分が思っているほど増やせなかったり、増やすことそのものが叶わない場合もあります。
会社側から話を持ちかけられるようにするためには、会社から信用されることが大事であります。
信用されることによって、モビットが毎年行なっている契約の再検討の結果、話を持ちかけられる可能性は高まるでしょう。

信用される為には、借り入れの回数や金額を多くし、返済も遅れることなく行なっていくことが重要となり、特に返済については常日頃から意識するようにして下さい。