あ

皆さんもあるところで契約を結ぶとなった場合に、書類を提出したことがあるかと思われます。
このように契約を結ぶ場合には書類の提出を求められることはよくある話であり、それはカードローンのお申し込み時も例外ではありません。
カードローンで求められる書類は、利用する会社やどれだけの借り入れを希望するかによって変わってきます。
そこで、今回はモビットのモビットにスポットを当てて、このカードローンと契約を結ぶ時に提出しなければならない書類について見ていくことにしましょう。

提出書類

まず、どんな銀行や消費者金融においても求められる書類として、本人を確認出来る書類や身分を証明出来る書類がありますが、このカードローンの場合は少し違いまして、モビットの口座をお持ちの方は提出を求められません。

逆に口座をお持ちでない方は、この書類を提出しなければなりません。
これは、どういうことかというと、口座をお持ちでない方の場合、このカードローンは口座を作らないことには利用不可能とされているため、口座を作る時に求められることになっています。
ですから、上記のことに該当される方は、前もって準備しておく必要があります。

収入証明書

smbc010

また、モビットでは希望する借り入れ金額によっては、別途収入を証明する書類を用意しなければならず、金額としては最初に申し込み書に記入した額が300万円を超過する時、かつ仮審査が行なわれた後、承認された金額が300万円を超過した時や最初に申し込み書に記入した額が300万円を超えなくても、仮審査の結果を受けた後それを超える額を求める時となっています。

ですから当然、最初に申し込み書に記入した金額が200万円であったとしても、仮審査の結果を受けた後、400万円にその金額を上げるとなった場合も提出しなければなりません。
ただ、今回お申し込みされたコースが“スタンダード”であった場合は、最高でも300万円となるため、この書類については考える必要はありません。
そして、今回はより分かりやすくするため、いくつか例を挙げておきますので、自分がどれに該当するのか確認しましょう。
まずは、”申し込み書に記入した希望金額が300万円を超過しない場合かつ仮審査後の承認金額も300万円を超過しない場合”は、書類は必要ありません。

本番の審査

あ

お申し込みされた金額で本番の審査へ進むことになり、”最初の希望金額は300万円を超過しなくても仮審査後の承認金額が300万円を超過し、なおかつそこで300万円を超過する金額を希望する場合”は書類が必要となります。
逆にそこで、300万円を超過する額を希望しない場合は書類は必要ありません。
次に、申し込み書に記入した”希望金額が300万円を超過する場合で、仮審査後の承認金額がそれ以下となった場合”は、書類は必要ありません。
先ほどと同様、申し込み書に記入した金額で本番の審査へ進み、”申し込み書に記入した希望金額、仮審査後の承認金額共に300万円を超過する場合”は書類を提出しなければなりません。
以上となりますが、お申し込み時の希望金額より、仮審査後の承認金額が大きくなった場合は利用者の携帯電話に電話が入ることになっていますので、必ず受けられる状態にしておきましょう。

収入証明書の種類

肝心の収入を証明する書類としては、源泉徴収、自治体発行の所得証明、確定申告となっていますが、もしあなたが今の会社に勤められて1年が経過していないときは、最新の給料明細も使用することが出来ます。

個人で事業を営んでいる方や、会社の代表の方の場合は、自治体発行の所得証明、確定申告となりますが、その所得証明を利用される方で書類として納税証明書を用いる時はその1からその3まで全部用意しなければいけません。
ちなみに、以上に挙げた全ての書類については、コピーしたものをご使用下さい。
ここまでで、必要とされる書類についてはお分かりになったかと思われます。
実際にこれらの書類は、仮審査の終了後に出すことになっていて、仮審査が終了するとホームページにメッセージボックスがあると思いますので、そこから金額をチェックするようにしましょう。
もし、最初に申し込み書に記入した金額、仮審査後の承認金額両方とも300万円を超過した時等は、必ず指定された期日までに郵便もしくはファックスで書類を提出して下さい。
提出が遅れてしまった場合は、折角希望した金額、仮審査後の承認金額も300万円を超えていた場合でも300万円として本番の審査へと移ってしまいます。

まとめ

最後にまとめとしまして、今回はモビットのカードローンでのお申し込み時に必要とされる書類について見てきました。
書類としては、本人を確認出来る書類と収入を証明する書類があるわけですが、本人を確認出来る書類については、モビットの口座をお持ちの方に限っては必要ありません。
収入を証明する書類は、最初に申し込み書に記入した金額が300万円を超える場合かつ仮審査後の承認金額も300万円を超過する場合、もしくは申し込み書に記入した金額が300万円以下で仮審査後の承認金額を受けた結果300万円を超過する金額を希望する場合に必要とされています。
この収入を証明する書類については郵便、ファックスにて仮審査を終えた後、期日までに提出することになります。
こうしてみると、書類に関しては案外難しそうにも思えますが、本人を確認出来る書類についてはモビットの口座の有無、収入を証明する書類については、仮審査後の承認金額と利用者が希望する借り入れの金額の2つのみで決まるものですので、それほど難しくはないでしょう。
数あるカードローンの中では、お申し込みがシンプルで分かりやすい部類ではないかと思われます。