696628ea6765599b36d797d132b87c77_s

キャッシングの申込の際、審査について気にされる方は多いのではないでしょうか。特に在籍確認は非常に面倒だと感じると思います。
電話が勤め先にかかってきてしまえば、キャッシングをしていることが周りの人に知られてします。それが嫌だと思われる方もいるのではないかと思います。そこでこの記事では、モビットで行なわれる在籍確認の形式について、そして非正規雇用の人にも適用されるのかということについて紹介していきます。

最初に在籍確認とはなんなのか説明しましょう。キャッシングの申込をするときには自分の勤務先を報告しなければなりません。そこで在籍確認を行うことで利用者が本当にそこで働いているのか確認するのです。
在籍確認はいかなる消費者金融・銀行においてもおこなわれます。また、就業形態にかかわらず、アルバイト・派遣などの非正規雇用者も同じように対象となります。
しかし例外として、会社の方がそれを不要だと判断した場合は在籍確認をせずキャッシングができることもあります。

次に、在籍確認をする際の過程について見ていきましょう。
在籍確認というと難しい感じに聞こえるかもしれませんが、それほど複雑なものではありません。モビットを利用するなら、担当者が会社に電話をかけて、利用者がいるかどうかを確認するだけの作業です。
しかしここで大事なのが、担当者はモビットの会社であることは言わないということです。なので、利用者以外の人が対応したとしても、その相手がモビットかどうかは分かりません。また、電話の目的や利用者の個人情報に関わることは絶対に言いません。
もしも利用者の方がいなくても、その会社に在籍していることさえ伝えればそれだけで在籍確認は終了です。逆に言えば、勤め先をごまかしていたりすれば、在籍確認はできません。その際は利用者の家や携帯電話に直接連絡が入ります。
そのまま放っておくと審査は不合格になる可能性が高くなってしまいます。ですから、何か不具合があったときのために、折り返し連絡をする準備をするのが重要です。連絡が途切れてしまわないように注意しましょう。

この記事をご覧になっている方の中には、在籍確認をされたくないと思っている方もいるかと思います。
そんな人にぴったりなのが、モビットの『WEB完結』というシステムです。
これは、申込からお金の受け取りまでの過程を全てインターネットで済ませることができるというサービスです。
WEBで手続きができてしまうので、在籍確認がおこなわれないことはもちろん、郵便が家にとどくこともないので、社内の人だけでなく、家族にも知られずにキャッシングをすることができます。
ただ、ご利用には条件があり、三菱東京UFJ銀行、もしくは三井住友銀行の口座をお持ちであると、そして全国健康保険協会の保健証か組合保険証を所持していることが必要になります。
これさえクリアできれば、在籍確認をしたくない人でも簡単にキャッシングをすることができます。
最後になりますが、今までに説明してきたことを簡単にまとめていきましょう。在籍確認というのは、勤務先の会社に利用者の在籍を確かめるもので、ほとんどの消費者金融・銀行で採用されています。
ですから、非正規雇用でも正社員と同じようにおこなわれます。ただし、モビットでは利用者がモビットの申込をしようとしていることは口外しません。
それでも在籍確認が嫌だと思われる方におすすめなのが『WEB完結』です。ウェブだけで申込が完了するので、在籍確認や自宅への郵便配達とありません。ですから、周りの人に知られずにモビットを使うことができます。

29
ローンとキャッシングは金銭を借りるという点では同じです。しかし、キャッシングは自分の都合のいい時間に都合のいい額を借りる・返すことができるためとても魅力的です。
また、もっと利便性を追求するなら、簡単にいつでもキャッシングを行えることが条件になってきます。
そこで、この記事ではモビットでキャッシングをするためにはどうすればいいか、またいつキャッシングができるのかについて書いていきます。
最初に、モビットでお金を借りるには2つ方法があることについて説明したいと思います。1つ目は提携したATMを使う方法です。モビットでもらったカードを使って提携したATMでキャッシングを行いますが、その中でも利用明細などがその場で出されるものと、数日後に郵便で送られるものの2種類があります。
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・イオン銀行・プロミスなどの銀行はその場で発行され、北洋銀行・横浜銀行・みちのく銀行・スルガ銀行などは数日後に郵便で発送されます。後者は地方銀行がよく採用している形式です。
利用可能な時間は場所などによって異なりますが、これに関してはATMの稼働時間とほぼ同じだと言えます。つまり、ATMが24時間動いていれば、時間に関係なくキャッシングができるということになります。しかし、提携している会社の営業時間外、メンテナンス中などは利用ができないこともありますから注意してください。
そして、モビットではATMを利用したキャッシングに手数料がかかります。例えば、利用金額が1万円以下でしたら108円、それ以上なら216円になります。また、この手数料は次の返済時に払わなければいけません。
ただし、手数料がかからない時間帯があるATMも存在しますから、それを上手く使えばお得に利用することができます。
そしてもう一つの方法、銀行の口座に振り込みを行なってもらうことについても話していきましょう。モビットのサイトから、Myモビという会員向けのサービスでお申し込みをして頂くか、電話で振り込みを申し込むことができます。
電話番号は0120-24-7217です。9時から21時まで受付をしております。
すぐにお金を受け取りたい方は、平日9時から14時50分くらいの時間帯にお手続きを済ませていただければ、早くて3分ほどでお金を手にいれることができます。
もしくはWEBでしたら24時間受付をしているのでそちらを利用するのもいいでしょう。ただ、月曜の深夜0時から午前7時まではメンテナンスが定期的におこなわれていますので、その時間帯はご利用ができないことに注意してください。
また、このサービスの利用には使う銀行口座の登録が必要ですので、かならず事前に行なってください。
最後になりますが、ここまで話したことを簡単にまとめたいと思います。モビットでキャッシングをおこなうときには2種類方法があり、提携先のATMを使うならばATMが使える時間に気をつける必要があります。2つ目の方法、銀行の振り込みを用いたキャッシングは電話を使うかウェブを使うかによって利用時間が異なり、電話なら制限がありますがウェブからならほとんど24時間キャッシングをすることができます。後者の方法ですぐにお金を手に入れたいときには、月曜から金曜までの14時50分までに手続きを済ませていただければ、最速3分でお金を受け取ることができます。
以上のことをふまえて言うならば、提携先のATMを用いれば簡単にキャッシングが行えますが、一方利用時間・手数料の面でデメリットがあります。
逆に、銀行への振込の場合、手数料がないことがメリットですが、平日に時間がなければすぐにお金を受け取ることが難しくなってしまいます。
どちらの方法にもメリット・デメリットがあるため、自分のなかで都合のよい方法を利用するのがいいのではないでしょうか。

1186880

銀行などを利用するときには、他行利用時の手数料、振り込みをしたときの手数料など、取引によっていくつか手数料がかかる場合があります。1回1回の値段は多くなくても、何回か繰り返すと気づいたらかなりの金額になってしまいます。
この記事では、モビットでの手数料の種類について話していきます。
まず最初に、モビットでお金を借りるには2つ方法があることについて説明したいと思います。1つ目は提携したATMを使う方法です。モビットでもらったカードを使って提携したATMでキャッシングを行いますが、その中でも利用明細などがその場で出されるものと、数日後に郵便で送られるものの2種類があります。
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・イオン銀行・プロミスなどの銀行はその場で発行され、北洋銀行・横浜銀行・みちのく銀行・スルガ銀行などは数日後に郵便で発送されます。後者は地方銀行がよく採用している形式です。
利用可能な時間は場所などによって異なりますが、これに関してはATMの稼働時間とほぼ同じだと言えます。つまり、ATMが24時間動いていれば、時間に関係なくキャッシングができるということになります。しかし、提携している会社の営業時間外、メンテナンス中などは利用ができないこともありますから注意してください。
そして、モビットではATMを利用したキャッシングに手数料がかかります。例えば、利用金額が1万円以下でしたら108円、それ以上なら216円になります。また、この手数料は次の返済時に払わなければいけません。
ただし、手数料がかからない時間帯があるATMも存在しますから、それを上手く使えばお得に利用することができます。
そしてもう一つの方法、銀行の口座に振り込みを行なってもらうことについても話していきましょう。モビットのサイトから、Myモビという会員向けのサービスでお申し込みをして頂くか、電話で振り込みを申し込むことができます。
電話番号は0120-24-7217です。9時から21時まで受付をしております。
すぐにお金を受け取りたい方は、平日9時から14時50分くらいの時間帯にお手続きを済ませていただければ、早くて3分ほどでお金を手にいれることができます。
もしくはWEBでしたら24時間受付をしているのでそちらを利用するのもいいでしょう。ただ、月曜の深夜0時から午前7時まではメンテナンスが定期的におこなわれていますので、その時間帯はご利用ができないことに注意してください。
また、このサービスの利用には使う銀行口座の登録が必要ですので、かならず事前に行なってください。
では、次にモビットでの返済時どのような手段を使えるのか見ていきましょう。
まず、提携先となっているATMで返済する、銀行口座から引落しをおこなってもらう、銀行から直接振込みをする、という3つの方法があります。
この3つの方法について詳しく説明すると、提携先となっているATMを用いる方法は、全国の銀行、コンビニなどで用いることができます。
ただ、この方法を用いると、キャッシングをする時と同じく手数料がかかることにご注意ください。手数料もキャッシング時と一緒で、返済額が1万円以内ならば、108円、1万円以上の場合は216円になります。
2つ目、銀行口座から引き落としてもらう方法には条件があります。この方法を使えるのは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のどちらかに銀行口座を持っている方限定になります。
しかし、逆に言えばどちらかの銀行口座を持ってさえいれば、手数料無料で返済がおこなえるのでとてもお得だと言えると思います。
最後に、銀行から振り込む方法は、利用者がいつも利用している銀行から、所定の口座に振込めば返済が完了します。ただ、この時の手数料はキャッシングした側が払うという規定になっていることに注意してください。
それではこれまでの情報をまとめてみましょう。提携先のATMでのキャッシングは手数料がかかり、同じように返済時も手数料がかかります。
手数料を取られたくない場合は、キャッシング時には普段お使いの銀行から振り込んでもらって、返済するときは三菱東京UFJ銀行、もしくは三井住友銀行から引き落としていただければよいのではないでしょうか。