タブレットを見る女性 ビジネス

お金が足りなくなった時にお金を借りる方法としてカードローンを利用するというのも1つの手ではありますが、カードローンを利用するとなると必ず審査を受けなければならず、審査を受けるにあたっては様々な心配事が付きまとってきます。

例えば利用者の中には妻や子ども達、会社にも内緒にしておきたいという方もいらっしゃるでしょう。
そのような方達にとっては、審査の合否の伝え方というのは非常に気になる要素となります。
そこで、今回はモビットのカードローンである“モビット”での審査の合否に関する連絡方法について触れていくことにします。

お申し込みをするところから

まず、審査まで進むためにはお申し込みをするところから始まります。
今回のモビットの場合は、お申し込みは“仮審査”のお申し込みとなり、多くの銀行系の会社では本番の審査のお申し込みとなるため、この点が他のカードローンとは異なる点の1つとなっています。

また、このお申し込みに関してもモビットの口座を開設している場合とそうでない場合とで方法が違ってきて、前者の場合はモビットのページに行き会員ページに進んだところからお申し込みをすることになり、後者の場合は口座を開設していないとカードローンを利用出来ないため、口座の開設、カードローンを一緒に申し込めるリンクがありますので、そこからお申し込みして下さい。

ここで、口座をお持ちの方は、以前に入力した情報に変更点がないかを確認することとし、もし変更点があるなら、それらを修正してからお申し込みを進めていきましょう。
口座を開設していない方は上記の方法でお申し込みをすることによって、口座を開設するための書類や本人を確認する書類を送る手間を省くことができ、インターネットのみで口座を開設することが可能です。
そして、会社側でお申し込みを受理した後、借り入れを行なう為のカードが本人のみ受け取れる郵便として自宅へ送られてくることになり、仮審査へと進むことが出来ます。

仮審査

あ

仮審査では、お申し込み時にサイト上で入れた情報を見て、審査をすることになります。

この審査に要する時間はまちまちであり、お申し込みが受理された日、時間、審査の進行スピードで変わってくるものであり、場合によっては結果が2、3日後に知らされることもあるでしょう。
審査が終わったかどうかを確認するためには、サイト上でメッセージを確認するか届いたメールでも確認が出来ます。
仮審査に合格した方は、今後の手続きを十分理解した上で本番の審査へ行くわけですが、この際仮審査後の承認金額が300万円を超過していて、利用者本人も300万円を超過する金額を借りたい場合、もしくは利用者本人は最初300万円以下で申し込み、仮審査の結果を受けて300万円を超過する金額を借りたくなった場合は、収入を証明する書類を提示する必要があります。
実際は、郵便で送るかファックスで送るかのいずれかの方法を用いることになりますが、送付期限は仮審査を終えたことを伝える連絡が来てから2週間となっていますので注意しましょう。
もし、2週間が過ぎてしまうと、500万円で審査が行なわれるはずだったものが、300万円として本番の審査へ進むことになってしまいますので、十分注意しましょう。

本番の審査

本番の審査では、利用者がお申し込み書に記入した勤め先に本当に在籍しているかを確認するための在籍確認が含まれていて、確認方法としては勤め先への電話となりますが、この時に利用者自身が長期に渡って会社を休んでいたり、出張等で長い期間記入した会社に出社していない場合は、在籍確認が行なえず申し込みを却下されることもあります。
最短で30h分で審査完了!
万が一、そうなってしまった時は、会社に戻った後、再度お申し込みをしなければなりません。
さらにこれら以外にも、在籍確認を行なう上で利用者の名前や誕生日等が確認不可能といった際も申し込みが却下されますので、気を付けましょう。

あ

こうして在籍確認が無事済んだなら、あとはカードローンを利用する為の口座が出来上がるのを待つだけです。
口座が出来上がると、その旨を知らせる連絡がEメールやサイト上にメッセージとして届けられ、これはまた審査で合格したことも意味していますので、この段階から借り入れが出来るようになります。

まとめ

最後にまとめとしまして、今回はモビットの審査の合否に関する連絡方法について知る為、お申し込みから順を追って見ていきました。
モビットを利用するためには、モビットの口座を開設していなければならず、口座を開設していない方は口座を開設するところから始まります。
お申し込みが済んだ後は仮審査が行なわれ、仮審査後の承認金額が300万円を超過、なおかつ利用者本人も300万円を超過する金額を借りたい場合と最初は300万円以下での申し込みでも、仮審査の結果を受けて300万円を超過する金額を借りたくなった場合は収入を証明する書類を郵便又はファックスで2週間までの間に送付しなければいけません。
その後は本番の審査へと進み、在籍確認が行なわれたのち、口座が出来上がることになり、出来上がるとその旨を知らせる連絡がメール、サイト上にメッセージとして届きます。
こうして出来上がったことを知らせる連絡が来たなら、審査に合格したことになり、モビットが利用可能となります。
このように、仮審査を含めモビットでの審査の合否については電話は使われず、通常はメールとなっており、その他サイト上にもメッセージとして届けられることになっています。
よって、メールだけチェックしていていれば問題はないかもしれませんが、ごくたまにメールが届かないということも考えられなくもないので、1週間に1度はサイト上のメッセージBOXもチェックした方が無難かと思われます。