「レディースローン」という言葉がありますよね?
これは、個人向け融資(キャッシングやカードローン)の中で、レディース、すなわち特に女性向けに特化したサービスやプランのことです。

といっても、大きな違いはそんなになく、“オペレーターや対応する担当者が全て女性”というのが一般的なサービスなんです。。
それでも、同じ女性に相談できるのは、お金を借りようとする女性利用者にとっては安心感がありますよね。そんなレディースローンですが、消費者金融のモビットにはあるのでしょうか?

モビットにはレディースローンはないけれど…

happy young woman showing credit card and laptop

モビットには、残念ながら女性向けに特化した“レディースローン”は存在しません。
しかし、ご安心ください。レディースローンがないからといってモビットは女性向けではない、女性に不親切…なんてことは一切ないんですよ!

むしろ、利用者の評判などを調べてみると、こんなことが言えそうです。

『モビットは、女性を含めて誰に対しても対応が非常に良いので、わざわざレディースローンを作る必要がない』

“女性利用者に親切なのはもちろん、男性利用者にも親切”と評判なのが、モビットです。
男女差別のような事も一切せず、誰に対しても公平に、丁寧に対応!
そんなスタッフの心掛けが、モビットを業界大手の会社に育てたといえるでしょう。

モビットにおける審査

消費者金融のモビットはあまり知れ渡っていない会社と言え、7日間は金利がゼロで利用出来るといった独自の特長をもっている会社ということもあり、初めての方であれば審査の厳しさの度合いについて不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。
そこで、モビットにおける審査とその時に必要とされる書類について御紹介していきたいと思います。
冒頭でもお話した通り、モビットでは7日間は金利がゼロで利用出来るサービスが行なわれているわけですが、だからと言って、他の消費者金融にはない厳しい審査が行なわれているということはありませんので、御安心下さい。

提出書類

a1
また提出する書類も、借り入れの上限金額が50万円を超す場合は収入を証明出来る書類が必要となりますが、それに満たない金額での借り入れの場合は、それは不要となり、基本的には本人を確認出来る書類のみとなりますが、場合によっては収入を証明出来る書類も要求されることがあります。
本人を確認出来る書類として使用できるのは、運転免許証、健康保険証、パスポート、自分の顔が写っている住基カードとなっていますので、こちらに関しては必ず1つ御用意下さい。

ただここで注意したいのは、運転免許証等に記載されている住所と今回お申し込みされる際の書類に書かれている住所が違う場合には、現在の住所と名前が書かれている電気料金・水道料金等の領収書や住民票等も必要となりますので、このことに該当する場合は必要とされる書類についてモビット側と確認されるとより確実に審査を進めることが出来るかと思われます。

それに対して収入を証明出来る書類としてモビットで利用出来るものとしては、昨年の源泉徴収、確定申告書、所得証明、最近2カ月の給料明細に加えてボーナスを貰っている方は夏と冬の2回分の明細とされていて、これらのうちどれか1つとなっておりますので、借り入れ金額が50万円を超える場合は予め御用意下さい。

申込方法

a2
このように必要な書類が揃ったら、お申し込みをすることなりますが、モビットではPCや携帯電話を用いたインターネットでのお申し込み、自動契約機を利用したお申し込み、電話でのお申し込みといったように全部で3つの方法があります。
お勧めはインターネットでのお申し込みとなり、インターネットなら、1日を通して自分の都合の良い時間にお申し込みをすることが出来ます。
自動契約機を利用したお申し込みでは、1日を通しての受付とはなりませんが、朝の8時45分から午後9時までの間の時間、第3日曜日以外は受け付けており、第3日曜日だけは夜の7時までとなっております。

しかしながら、借り入れをするためのカードをその場で受け取れるといったメリットがありますので、即座に借り入れが出来るようになっています。
電話でのお申し込みされる場合の受付時間は、午前9時から午後9時までとなっております。
こちらは、1年間休みなく受付を行なっているという特長があり、お申し込み電話番号は“0120-394160”となっています。
以上のように、モビットでは3つのお申し込み方法が存在するので、自分にとって最も都合の良いお申し込み方法で行なっていくようにしましょう。
最後にまとめとしまして、モビットでの借り入れの際に必ず必要となってくる書類は、本人を確認出来る書類であり、利用出来るものとしては、運転免許証やパスポート等とされていますが、これらの書類に書かれている住所と現在の住所が違う場合は、これに加えて、現在の住所と名前が入っている水道料金の領収書、住民票等も必要となります。

50万円を超過する場合

さらに借り入れの上限金額として50万円を超過する額を希望する場合は、本人を確認出来る書類に加えて収入を証明出来る書類が必要となりますので、前もって用意しておいて下さい。
50万円までであれば、収入を証明出来る書類は原則不要とされてはいますが、場合によって求められることがありますので、予め御承知おき下さい。
その他書類に関して不安な点がある場合には、書類が足りないことによって審査の流れがストップしてしまわない為にも、遠慮なくモビット側と相談するようにしましょう。
快く応じてもらえるかと思われます。

モビットの他の消費者金融

メインの話としては一応これで終わりとなりますが、ここからは私がモビットに対して感じていることを御紹介していきます。参考程度としてお聞きください。

今回取り上げた消費者金融のモビットは大手消費者金融と比較することによって不安な点が出てくるわけで、そのことが出てくる時点で多少遅れを取っていると言えるのかもしれません。
その不安な点として出てきたのは全部で3つあり、実際に挙げると、1点目は皆に知れ渡っている消費者金融でないということで、これはあまり宣伝が行なわれていないことを意味しており、宣伝が出来ないということは、それだけ経営に余裕がないとも取れ、今後大丈夫なのか?という不安はどうしても出てきてしまいます。
2点目は利息がかからずに利用出来るのが短期間であることから、消費者金融を利用したことがない初心者にとっては、あまり安心出来る会社とは思えないことです。実際大手消費者金融では1カ月の間利息がかからずに利用が出来ますが、モビットでは1週間となっています。借りたお金を全部返すことによって再び利用出来るものではありますが、あまりに短いと言えることには変わりありません。
3点目は、人によっては中々貸してくれないことです。これは私のみかもしれませんが、私はモビットの審査で落ちた経験があり、その原因となったのが他の会社からの借り入れであります。
このように審査で不合格となり、次にプロミスに申し込んだら審査を通過することが出来たのです。
さらには、アコムでの借り入れ上限金額を増額出来たことも考慮すると、前述の1点目と同様、余裕がないとも考えられます。
こういったことから、大手の消費者金融、特にアコムやプロミスなら何の抵抗もなく利用することを推せるような気はします。

プロミス

【いつでも・どこでも借りるなら、やっぱりプロミス!!!】
プロミスで断然オススメなのが瞬フリというサービスなんです!瞬フリは、三井住友銀行orジャパンネット銀行をお持ちのお客さまであれば、24時間振込可能のサービスです。平日でも土日祝日でも、22時までに契約完了することで、24時間振込可能になるから忙しい人でも安心。

平日14時過ぎても、その日に借りたいっていう場合、往々にしてありますよね。そんな場合でもネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。しかも自動契約機でカードを受け取るようにできるから、基本的に自宅に郵送物は届かないんです。

土日祝日しか都合がつかなくてその日に借りたい!という場合でも安心!なんといってもネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられるというお手軽さが魅力。そしてここでも平日同様、自動契約機でカードを受け取れば、基本的に自宅に郵送物は届かないので同居人にばれたりといった心配もご無用です。

プロミスなら30日間無利息(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)
が可能だから、ちょっと今月は懐が厳しいな。。というときの強力な味方になってくれます。その他にもお借り入れ3秒診断があるから、すぐ借りるか判断することが可能!当然、24時間いつでも申込可能ですよ。


また、プロミスなら、レディース専用も非常に充実!!!ですから、女性の方であっても安心して気軽に申込できるんです。

プロミスは、三井住友銀行(SMBC)のローン契約機でもカードの受け取りできます。(少しわかりにくいですが、ATMの隣にある、小さなボックススペースのことです。)プロミスと三井住友銀行(SMBC)のローン無人契約機って結構な台数がありそうですよね。これって合計すると台数が約2,500台<サイト運営者調べ>もあるんです!ですから、まさしくいつでもどこでも利用可能になったんです!!

そして、仕事や勉強で忙しい人に朗報!!なんと無人契約機は22時まで利用可能(一部21時まで)になりました。つまり、ネットで申込&審査通過後に、無人契約機に駆け込めば、その日の内にカード受け取りできます。

モビットもいいけど、金利が高いし、そんなに有名じゃないから不安。。という方にダントツでおすすめなのがプロミスです!
プロミスなら30日無利息!ぜひ利用くださいね。

439465

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~17.8%
1万円~500万円
最短30分

 

モビットの在籍確認

a2
カードローンというと、少し格好良くも聞こえますが、結局はお金を借りていることになるため、決して悪いことをしているわけではないのですが、それを子どもたちやパートナーの方、勤め先には内緒にしておきたいという方は大勢いらっしゃるでしょう。
そこで、今回はモビットのカードローンを例として取り上げ、この銀行のカードローンを利用すると勤め先の他の社員に気付かれることはあるのか?といった点についてとそれを回避するための方法についても見ていくことにしましょう。

まず、最初の疑問の答えから言ってしまうと、気付かれることはないのですが、その理由についてこれからお話していきます。

カードローンの利用者に対して電話をすることが殆ど無い

それは、モビットでは、カードローンの利用者に対して電話をすることが殆ど無く、電話があるとすれば審査における在籍確認を行ないたい時以外はしてきません。

ここで、殆どといったのは、例えば借り入れしたお金の返済が遅れている時には電話がかかってくることがあるためです。
その他、銀行側で保持している個人情報に変更点がないかといったことでも電話が来ることがごくたまにありますが、その際の電話は、他の社員に気付かれないように、“カードローン”という言葉や会社名を口にすることはありませんので、電話が来ても心配はいりません。

電話以外では、家に送られてくる郵便物も不安に思う方もいらっしゃいますが、これに関してもモビットでは送付先を指定することが出来ますので、これを勤め先にすることによって、家の人に気付かれるというリスクも軽減することが出来るので、利用者としてはとても助かるかと思われます。
しかし、同じ郵便物であっても、ATMで利用するカードに限っては、家にしか送付することが出来ませんので、ご注意下さい。
次に、先ほど出てきました在籍確認についてもう少しお話していきます。
在籍確認は、モビットに限らず、どこの会社でも勤め先に電話をして行なわれるケースが多いとされていることから、これをかなり不安に思われる方がいらっしゃるのも事実です。
しかし、モビットでは電話をかける際に、モビットという会社名を名乗るようなことはせずに、電話をしている自分自身の名前しか言わないようにしています。
それに加え、“カードローンの件で電話を致しました。”という個人情報に関することもお話することは決してありませんので、利用者は安心して審査を受けることが出来るのです。
そして、ここまで聞きながらも不安を感じている方は、勤め先の電話担当者の方に、カードローンとは違う、別の目的で電話が来ることを予め伝えておくと安心出来るのではないかと思われます。

銀行で気付かれないために行なっていること

以上が銀行で気付かれないために行なっていることとなりますが、自分以外の人に気付かれないようにするためには、利用者自身も対策を取らねばなりません。

このような対策としては、カードローンのカードを目立つところに置きっぱなしにしないことや友人といる時にはATMを利用せずに、口座への振込みを利用すること等が挙げられるでしょう。
こうすることによって、カードを見られ、借り入れの事実を気付かれるのを防ぐことが出来ます。
その他、会社の他の社員や家族の方等の前で、ポロッと口に出してしまわないように気を付ければ、まず気付かれることはないでしょう。
このように、カードローンを利用していることを気付かれないようにする為には、自分自身も気を付けなければならず、逆にこれらを怠ってしまうと、あっという間に気付かれることも考えられるのです。

利用の事実を会社に気付かれることはあるのか?

最後にまとめとしまして、今回はモビットのカードローンを例に挙げ、このカードローンを利用することによって、利用の事実を会社に気付かれることはあるのか?といったことについて見てきました。
モビットのカードローンではこれを利用したとしても、勤め先に電話がかかってくるのは、在籍確認の時以外は殆ど考えにくく、ごくたまに銀行側で保持している個人情報に変更点がないかの確認で来ることもありますが、いずれの場合であっても、モビットでは個人の名前でかけてくるため、電話で気付かれることはありませんし、郵送物に関しても送付先を指定出来ることから、気付かれるリスクは低くなっています。
ただ、このことで安心して利用者自身が気付かれないようにする努力を怠ってしまうとあっという間に他の人に気付かれることになりますので、カードローンのカードを目立つところに置きっぱなしにしない等といったことに注意する必要があります。
カードローンの利用を検討する上では、金利、上限金額にすぐに目がいってしまいますが、今回取り上げた気付かれないようにしてくれる工夫に関しても、カードローンを選択する際の検討材料としていくことでより安心してカードローンを利用することが出来るのです。